読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いと噂の美容や健康に関する方法を前向きに実践

巷で噂されるそのお話って本当ですか?

セラミドが肌に合わない、荒れるってことある?

セラミドは美容のメジャー成分で、セラミドが原因で肌荒れを起こすというのはあまりありません。だけども、中にはセラミドがたっぷりと含まれている化粧品を使って肌が荒れたという人もいます。なぜ荒れたのか?それには2つ理由があります。

セラミド以外の成分が反応した。
セラミド配合の化粧品で肌荒れしたという時は、まずはその化粧品の内容成分を見てみましょう。なぜなら、セラミドがたっぷりと入っている、主成分がセラミドの化粧品だったとしてもセラミドだけでできた化粧品というわけではないからです。商品名はセラミドなんとかなどセラミドだけども、防腐剤や香料、着色料などの添加物が入っている商品ならば、その添加物が肌に反応して肌荒れをしているかもしれません。

そのため、もしセラミド化粧品で肌荒れしたならば、添加物が入っていない化粧品を試してみるといいです。防腐剤が入っていない化粧品を見つけるのは大変かもしれませんが、子袋で使いきり商品など無添加で防腐剤も入っていない商品も中にはあります。それでも肌荒れを起こし、いよいよ本当にセラミドが原因だという線が濃くなってきたら、2つの理由が考えられます。
セラミドを作る元が反応した。

セラミドで肌荒れをする2つ目の原因は、セラミドを作る元に理由があるかもしれません。セラミドは、米や大豆、小麦から作られます。こういった作物からできるセラミドは植物性セラミドと呼ばれ、いかにも肌荒れしなくて肌に優しい感じはしますが、植物という事はアレルギーがでる可能性はあるという事です。
米、大豆、小麦のアレルギーがあるならば、植物性セラミドで肌荒れをする場合もあります。また、石油由来の原料で作ったセラミドも添加物と同じように肌荒れする場合があります。
セラミドは、人の肌がもともと持っている成分です。なので外部からの刺激としてあまり感じない成分ではありますが、それでも肌荒れを起こすというならばヒト型セラミドという人間の組織に近いセラミドが入った化粧品を利用すると良いです。そうすれば肌荒れしにくくなるかもしれません。

また、肌荒れを起こす前にテスターでパッチテストを行う、通販商品ならば返金制度があるセラミド商品を選ぶなどして、肌荒れを防ぎましょう。セラミドは肌荒れしにくい成分ですし、むしろ肌荒れ対策に有効な成分です。しかし、みんながみんなセラミドが肌に合うという訳ではないので、パッチテストは大事です。