読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いと噂の美容や健康に関する方法を前向きに実践

巷で噂されるそのお話って本当ですか?

顔がかゆい!ぶつぶつが治らない!考えられる原因

さて本日は顔のかゆみが止まらなかったり、顔にぶつぶつができてしまって治らない止まらなかったり言う方のためのお話をさせていただきます。

特に女性の方にとって顔俳優第一印象とってなりますので電車に乗っている時や人と会って顔同士が接近してしまう時には人からどう見られているかが気になってしまいます。
ですが対策を考えるにしても原因をきちんと把握していないと間違えた対策をしてしまってはしょうがありませんのでこのかゆみやぶつぶつの原因をちゃんと知っておきましょう。

まず顔に出るぶつぶつですが大きく分けて3つのパターンに分類されます。

1つは化粧かぶれや接触性皮膚炎です。

そして2つ目が脂漏性皮膚炎で、

3つ目がアトピー性皮膚炎を含むアレルギーになります。

特に3つ目のアトピー性皮膚炎をついては生まれつきの方もいますので専門的な治療が必要となりますが、1つ目の化粧かぶれが原因となっている場合が結構ありますので、このことについてお話をさせていただきたいと思います。

化粧かぶれとはお肌の調子が悪くなり、いつものお化粧をしたピリピリ感や顔にデキモノができてしまう症状や、肌が乾燥してしまいお化粧のノリが悪くなってしまったり、赤みが出て肌が腫れてしまったりなどの症状に見舞われてしまうことです。

ではどの様なことが原因で化粧かぶれがおきてしまうかと言いますと考えられる理由は3つあります。

まず1つ目は新しい化粧品が肌に合わない場合があります。これは具体的に言いますとアルコール、油分、香料、保存料などです。いつも使用している化粧品と似た物を購入したつもりでも商品によっては皆様の肌が反応を起こしてしまう場合がありますので、購入前には成分をチェックしましょう。

次は昨今の状況ではよくありがちなのですが、日差しが強くなる季節に女性を悩ませるのが紫外線です。原理といたしましては肌に塗った化粧品に紫外線が当たって反応をしてしまい、肌がかぶれてしまうケースです。

ちゃんと紫外線対策をしているつもりでも昨今の紫外線肌がとても強いのでお子様の運動会などです集中して応援をしていたらあっという間に数分が過ぎてしまい肌にぶつぶつができてしまったと言うケース物もあります。

そして3つ目の原因ですが、睡眠不足が続いたり季節の変わり目に空気が乾燥したり生理前のホルモンバランスが乱れたりなどです。こんな時には何時もに比べて肌のバリア機能が低下してしまっていつもの様に化粧わしていても肌がかぶれてしまうことがあります。以上が化粧かぶれの考えられる原因となります。