読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

良いと噂の美容や健康に関する方法を前向きに実践

巷で噂されるそのお話って本当ですか?

ビタミンDが不足すると肌荒れ、吹き出物が増える理由

肌荒れや吹き出物ができる原因は栄養不足であったり、ストレスや睡眠不足など様々な原因があります。

そういった原因の根本は、ビタミンD不足かもしれません。なぜビタミンDが不足すると肌荒れや吹き出物ができるのかというと、ビタミンDが不足すると体に様々な変化が起こるからです。

代謝が落ちて、毛穴詰まりやターンオーバー力が落ちる。ビタミンDは、代謝を助ける働きをします。代謝が悪くなってしまうと、体に取り込んだ食物を上手く消化して排出できません。

そうなると、本来ならば体から便や尿と一緒に排出されるべき毒素が排出しません。すると毒素は体を駆け巡り、外に出ようと毛穴から排出されます。毛穴は狭い穴なので、毒素は上手く出ていけずに毛穴詰まりを起こします。そして、吹き出物の原因になりやすくなります。

また、代謝が悪いと肌のターンオーバーが上手くいかずにシミが沈着したり、肌荒れを起こしやすくなります。
ビタミンD不足はセロトニンの分泌に影響が出やすくなる。

セロトニンとは、脳内から分泌される神経伝達物質です。別名を幸せホルモンとも言います。セロトニンが不足すると、イライラしたり不眠症になりやすくなります。美容には休息と睡眠が重要だと言われています。これは、イライラしているとホルモンバランスが崩れやすくなり、肌荒れをしやすくなるからです。

また、成長ホルモンという肌荒れや吹き出物を治す役割があるホルモンは、夜中の睡眠中によく分泌されます。
セロトニンは肌に直接の影響があるとは言えませんが、ホルモンに関わる物質なので肌も影響を受けます。カルシウム不足になり、保湿力が弱まる。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。カルシウムは、肌に働きかけて保湿する力を発生させる役割もあります。
そのため、カルシウムが不足すると肌の水分を保つ力が弱くなります。そして肌が乾燥しやすくなって大人ニキビの原因になったりなどの肌荒れが目立ちやすくなります。免疫力が弱くなり、肌が不健康になる。

ビタミンDが不足すると、風邪を引きやすくなるというのを聞いた事がありませんか?ビタミンDは、免疫力を高める働きがあります。そのため、不足すると風邪を引きやすくなり、インフルエンザにもかかりやすくなります。

風邪を引く体の働きが弱くなるので、ニキビなどの肌荒れが出やすくなります。健康な体でないと美容に力は入らないため、体を健康にさせるビタミンDが不足すると肌荒れも起きるのです。